RIZIN前日、皇治選手頑張ってください!

遂に明日となったRIZIN!

皇治選手にとってはRIZINでの初戦

相手は神童、那須川天心!!

格闘技界のスーパースター同士の対決、

とても楽しみです✨

明日は皇治軍団として応援に行かせていただきます。

K-1の時からファンとなりずっと応援してきて、

遂に、TV生中継でメインイベント!

これは、ファンたちにとったら最高の恩返しですよ。

皇治選手、明日は頑張ってください!!

それでは、また。

関テレへ、皇治ファンからのお願い!

今回の題名ですが

何をお願いするのかと言うと、

・・・

皇治選手の試合を関西でも地上波で流してあげてください!!!お願いします!!!

これは、ファンからの願いです。

27日の19時から22時頃までは阪神戦がテレビで中継されます。

これはRIZINと同時刻です。

もちろん、野球も素晴らしいスポーツです。

しかし、格闘技は年に数回しか地上波のチャンスがありません。

そして、今回は大阪の皇治選手がメインイベントで試合をします。

色々な想いを胸にこのRIZINの舞台に上がった皇治選手の姿をどうか大阪のTVでも流して欲しいです。

関西テレビさん、お願いします!!

#皇治 #関西テレビ #関テレ #RIZIN

皇治選手の現在のジムのクラウドファンディング!(左右田さんのジム)

元K-1ファイターの左右田さんのジムである「LIBERTAD」のクラウドファンディングをしました!

そこのジムは、K-1からRIZINに移籍した皇治選手が日々練習をしている大切なジムです。

なので心からの支援をさせて頂きました。

そして、そのリターンとして、、、

皇治選手直筆サイン入りTシャツが届きましたーー!!

ありがとうございます!!

那須川天心戦勝つと信じています!

皇治軍団として応援しに行きます!

それでは、また。

トイレぼったくり…吉田くんのおかげ?

みなさん、どーも。

朝日新聞のニュースで、トイレのつまりの「ぼったくり被害対策弁護団」が結成されたと書いてありました。

この記事を見た時に私は、YouTube朝倉未来チャンネルのメンバーの吉田くんが頭に浮かびました。

以前に、YouTubeで吉田くんがトイレのぼったくり詐欺にあった動画があがっていました。

もしかすると、その動画がきっかけで今回のぼったくり被害対策弁護団が結成されたのではないかと私は考えました。

その事を考えると吉田くんがぼったくりにあった動画をあげて今でも消さずに残している朝倉未来チャンネルは、これからも出たであろう、ぼったくりの被害者を減らしたと言えるのではないだろうか。

ちなみに、150万人登録おめでとうございます

それでは、また。

RIZINのカード発表予想

みなさん、どーも。

今日はRIZINのカード発表があと約1時間後にあります!

そこで、この選手は出そうだな〜と思う選手を何人か予想していきます!

結論から言うと、RENA、浅倉カンナ、石渡、このあたりですかね。

RENA選手は9/13の会見で榊原社長が出てきて欲しいと言っていたので、可能性としては大、だと思います。

さらに朝倉海選手についても出てきて欲しいとラブコールを送っていましたが、年末に朝倉海vs堀口恭司をやると予想しているので9月の大会出場はおそらく無いでしょう。

浅倉カンナ選手に関しては、8月の大会にも出場していましたが、ほぼ無傷で終えたので9月の試合にも出れるだろうと思うのですが、相手がいるのか、という問題があるので可能性としては薄いですね。

その他に誰を呼ぶとなったら、8月にも試合をしていない石渡選手辺りではないのかなと予想しています。

あと、特別枠でHIROYA選手あたりを予想しています笑。

僕はこんな予想ですが、みなさんはどんな予想をしていますか?笑

それじゃあ、1時間後の会見を楽しみに待ちましょう!

それでは、また。

皇治VS那須川天心 

皆さん、どーも。

遅れましたが、遂に皇治VS那須川天心が決まりましたね!

9/27(日)さいたまスーパーアリーナでのメインイベントでの対戦ですね。

さらにフジテレビ生放送という事で、正直なところ凄く興奮しています(笑)。

なぜかというと、私は皇治選手の大ファンですからね(笑)

そして、気になる体重ですが・・・・・

     58.5㎏です!!!

これは、皇治選手からするときつい減量ですね、、

しかし、皇治選手からすると58.5は想定内の体重だったでしょう!

もちろんこれを見越して、前々から身体を絞っているのはInstagramなどから見ていてもよくわかっていたので皇治選手なら大丈夫でしょう!

当日は、会場で皇治軍団として皇治選手を全力で応援してこようと思います。

今日のところは短めにします。

それでは、また。

K-1からRIZINへ皇治選手が電撃移籍をした本当の意味

どうもこんにちは。

今回は、「K-1からRIZINへ皇治選手が電撃移籍をした本当の意味」ということですが、

結論から言うと、3つあります。

1つ目を言う前に、これは私の個人的な意見ですので100%正解ということではありません。

それでは

1つ目は、

  • 武尊vs天心の懸け橋になるために自らが動いたということ

次に2つ目は、

  • 格闘技人生最後の挑戦に出たということ

そして最後、3つ目は、

  • ファンに新しい景色を見せるため

です。

これらを一つずつ紐解いていきたいと思います。

武尊vs天心の懸け橋になるために自らが動いたということ

 皇治選手は会見で、「ファンが一番望んでいるカードは、武尊対天心ですよね。それの微力でもいいから力になれたらいいなと思い行動した。」と言っています。

このことから、皇治選手が移籍を決めた理由の一つと言ってもいいでしょう。

ただ、この会見を聞いたであろう武尊選手が以下のような言葉を吐いていました。

おそらく、武尊選手も言いたいけど言えないことが事がたくさんあるのでしょう。

この意見に何名かの格闘家が便乗して皇治選手に物申していましたが、皇治選手は以下のように心広くアンサーを返していました。

皇治節が炸裂ですね(笑)

常に見ている側を楽しませてくれる、言葉や行動をとっているのが、皇治選手の魅力なのでしょう。

格闘技人生最後の挑戦に出たということ

皇治選手は今年で31歳となり、格闘家としては上の年齢層となってきた今、自らの格闘技人生にもう一発大きな花火を打ち上げたいと考え、K-1からRIZINに移籍を考えたのではないでしょうか。

今までにも何人かの有名選手がK-1からRIZINへと移籍をしてきましたが、この年齢での移籍は初めてではないのでしょうか。

それに、一度の負け次第によっては自分の立ち位置が落ちるのでとてもリスクを背負いこの道に挑戦したのが伝わりますね。

その移籍の際に、東京に一軒家を買えるくらいの値段を移籍金として払ったという話は、流石皇治選手だなと感じました。

ファンに新しい景色を見せるため

皇治選手は、とてもファン想いのファイターだと感じます。

会見や試合後などに「ファンの応援が力になった」、「ファンは宝」という言葉を発言し、ファンへの感謝の気持ちを全面的に伝えてくれています。

こういった言葉は、ファンからしたらとても嬉しいことですよね(笑)

ちなみに、私も皇治選手の大ファンです(笑)。

このように、皇治選手の移籍の理由を自分なりに簡単にまとめてみました。

もしよかったらこちらの動画を作ってみたので見ていってください!(笑)

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また。

先入観で判断しない

どうもこんにちは。

皆さんは、先入観という言葉を知っていますか。

先入観とは、前持って抱いている固定的な観念のことです。

人間は、先入観で人を判断することがとても多いと感じます。

僕は、他人を先入観で決めつけることが、自分自身の視野を狭めることになってしまうと思います。

例えば、「目つきが悪いからこの人は悪い人だ。」のように見た目だけで判断してしまうと、その人の中身まで見ようとする気が起こらなくなります。

これは、悪い悪循環になります。

悪い人というイメージ→話したくない→相手から感じが悪いと感じられる→相手が嫌な態度をとってくる→悪い人というイメージ→・・・

のようにその人から吸収できるものも吸収できず成長ができません。

なのでイメージでだけで判断するのはよくないと思います。

ただ、八方美人になれというわけではありません。

ある程度コミュニケーションなどを取ったうえで、自分とは合わないと感じたら、無理して合わせる必要はないと思います。

それでは、また。

挑戦する気持ち

どうもこんにちは。

今回のテーマは「挑戦する気持ち」です。

僕は、若いうちに自分のやりたいと思った事や夢に挑戦していくということを意識しています。

これはなぜかというと、どうせ一回の人生なんだったら平凡な暮らしをするのではなく、誰もが羨む暮らしをしたいと感じているからです。

僕の中では、30歳までの失敗なら取り返せると感じています。

僕は高校生のころから夜寝るときにYouTubeで武井壮やイチロー、他にもたくさんの成功者の考え方や理論、生き方を、話している動画を流して聞いていました。

そこで気付いた事が1つありました。

それは、成功している人間は常に挑戦してきて今の立場になっているということです。

イチローさんも子供のころは、周りの人間に「プロにはなれないだろう」や「それはできない」などと言われていたそうです。

でも逆にその言葉への反骨精神で頑張れたといっています。

そうしてやっていくうちに今では誰もが知る日本人の一人となっています。

僕も、1人の友達には良く言っていたのですが、自分は小学生の頃から反骨精神がすごいありました。

なので実はすごい負けず嫌いです(笑)。

この負けず嫌いを良い方向に持っていくためにも、今言ったような挑戦する気持ちをもって過ごしていきたいです。

それではまた。

自粛期間は人と差をつけるチャンス

どうもこんにちは。

今回のテーマは、「自粛期間は人と差をつけるチャンス」ということですが

世間の人間は、「コロナのせいで」や、「自粛はもう我慢できない」と言う人が多いですが、

僕は、その考え方はとてももったいないなと感じます。

僕は、全く逆の意見を言いますね。

「コロナの自粛期間があったから」や、「自分のやるべきことをするいい期間だ」という捉え方をします。

僕は普通のサラリーマンで一生を過ごしたくないと考えています。

もちろん、サラリーマンがだめだというわけではありません。

ただ、一回の人生ならその間に贅沢したり、今欲しいと思っているものを手に入れたいなと思っています。

そのためには準備期間が必要だと。

なので今の期間はしっかりと充電して、ほかの人たちと差をつけていけるようなことを進めています。

今日はこんな感じで

それでは、また。