江幡塁VS鈴木真彦

RISE大阪大会で開催された那須川天心挑戦者決定トーナメントでの1カード目

江幡塁VS鈴木真彦!!!

WKBA王者とRISE王者の対戦がトーナメントの1回戦で実現しましたね。

正直これはメインを張ってもおかしくないくらいのカードです!

そんな試合ゴングが鳴り

1R目、序盤は、鈴木真彦選手のパンチ、キレがいいローキックが印象的でした。

残り時間1分ほどで鈴木選手のワンツーが江幡塁選手の顔面を捉えました。

ここで鈴木選手が詰めてパンチにいったのでこの勢いで決めるのか!?と思いましたが

江幡選手も打ち合いの中で左フックを返す!流石は江幡塁選手だなと感じる対処でしたね。

その後も鈴木選手が打ってすぐ返す江幡塁選手。

そしてここでゴング、1Rが終わります。

若干鈴木選手が押している印象でしたが、このラウンドはドローかなという印象でした。

そして2R目、

序盤から両者とも前に出ていき、パンチが増えました。

江幡塁選手のアッパーやコンビネーションも目立ちましたね。

2R中盤、鈴木選手のパンチですこし聞いた様子の江幡選手。ここからボディを合わせたコンビネーションで鈴木選手がガンガン前に出てきます。

江幡塁選手が巻き返しを狙い渾身の左フック、まともに当たれば倒れる勢いのパンチだったが

鈴木選手はここを上手く、スリッピングアウェー。これはお見事でしたね、鈴木選手。解説者たちも思わず「上手い!」との声が出ていました!

その後は鈴木選手が上手くボディを打ち、鈴木選手優勢のまま2Rを終えました。

この時点でポイントは鈴木選手がとっているなという印象。

巻き返しを狙いたい3R。

始まりのゴングがなり、

鈴木選手が圧力をかけ攻めますが、これに江幡選手も返していきます。

江幡選手はきいてる様子を見せるも負けじと返していくがかっこ良かったです。

そのまま3Rが終了。

判定は30-28が3票鈴木選手に入り見事、鈴木選手の勝利。

しかし、惜しくも負けてしまった江幡選手も素晴らしい試合を見せてくれました!

2人ともかっこよかったです!!

お疲れ様でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です