K-1からRIZINへ皇治選手が電撃移籍をした本当の意味

どうもこんにちは。

今回は、「K-1からRIZINへ皇治選手が電撃移籍をした本当の意味」ということですが、

結論から言うと、3つあります。

1つ目を言う前に、これは私の個人的な意見ですので100%正解ということではありません。

それでは

1つ目は、

  • 武尊vs天心の懸け橋になるために自らが動いたということ

次に2つ目は、

  • 格闘技人生最後の挑戦に出たということ

そして最後、3つ目は、

  • ファンに新しい景色を見せるため

です。

これらを一つずつ紐解いていきたいと思います。

武尊vs天心の懸け橋になるために自らが動いたということ

 皇治選手は会見で、「ファンが一番望んでいるカードは、武尊対天心ですよね。それの微力でもいいから力になれたらいいなと思い行動した。」と言っています。

このことから、皇治選手が移籍を決めた理由の一つと言ってもいいでしょう。

ただ、この会見を聞いたであろう武尊選手が以下のような言葉を吐いていました。

おそらく、武尊選手も言いたいけど言えないことが事がたくさんあるのでしょう。

この意見に何名かの格闘家が便乗して皇治選手に物申していましたが、皇治選手は以下のように心広くアンサーを返していました。

皇治節が炸裂ですね(笑)

常に見ている側を楽しませてくれる、言葉や行動をとっているのが、皇治選手の魅力なのでしょう。

格闘技人生最後の挑戦に出たということ

皇治選手は今年で31歳となり、格闘家としては上の年齢層となってきた今、自らの格闘技人生にもう一発大きな花火を打ち上げたいと考え、K-1からRIZINに移籍を考えたのではないでしょうか。

今までにも何人かの有名選手がK-1からRIZINへと移籍をしてきましたが、この年齢での移籍は初めてではないのでしょうか。

それに、一度の負け次第によっては自分の立ち位置が落ちるのでとてもリスクを背負いこの道に挑戦したのが伝わりますね。

その移籍の際に、東京に一軒家を買えるくらいの値段を移籍金として払ったという話は、流石皇治選手だなと感じました。

ファンに新しい景色を見せるため

皇治選手は、とてもファン想いのファイターだと感じます。

会見や試合後などに「ファンの応援が力になった」、「ファンは宝」という言葉を発言し、ファンへの感謝の気持ちを全面的に伝えてくれています。

こういった言葉は、ファンからしたらとても嬉しいことですよね(笑)

ちなみに、私も皇治選手の大ファンです(笑)。

このように、皇治選手の移籍の理由を自分なりに簡単にまとめてみました。

もしよかったらこちらの動画を作ってみたので見ていってください!(笑)

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また。