宿題をやる本当の目的。

どうもこんにちは。

2回目の投稿となりました。

今回のテーマである、「宿題をやる本当の目的。」とありますが

まず、結論から言わせてもらうと、「宿題をやる本当の目的」は、

やりたくのない事をやるための訓練です。

これは、どういう事かというと、人は社会に出たときに自分の好きなことだけを出来るというわけではありません。

もちろんそうですよね。

仕事は、やりたくないと思ったことでもやらなくては給料がもらえません。

宿題も全く同じです。宿題をやらなくては、いい通知表をもらえない。補修がでる。などといったことが起きてしまいます。

かといって、宿題をしたからと言っていい高校、いい大学に進めるわけではありません。

そうなると、宿題は何のためにするのかということになってきますね。

つまり、宿題は頭を良くするためのものではない、やらなければ結果がもらえないものということです。

このように、宿題とは社会に出たときにためになるものだと僕は思います。

まだまだ書きなれないですが、頑張っていきたいと思います。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です