先入観で判断しない

どうもこんにちは。

皆さんは、先入観という言葉を知っていますか。

先入観とは、前持って抱いている固定的な観念のことです。

人間は、先入観で人を判断することがとても多いと感じます。

僕は、他人を先入観で決めつけることが、自分自身の視野を狭めることになってしまうと思います。

例えば、「目つきが悪いからこの人は悪い人だ。」のように見た目だけで判断してしまうと、その人の中身まで見ようとする気が起こらなくなります。

これは、悪い悪循環になります。

悪い人というイメージ→話したくない→相手から感じが悪いと感じられる→相手が嫌な態度をとってくる→悪い人というイメージ→・・・

のようにその人から吸収できるものも吸収できず成長ができません。

なのでイメージでだけで判断するのはよくないと思います。

ただ、八方美人になれというわけではありません。

ある程度コミュニケーションなどを取ったうえで、自分とは合わないと感じたら、無理して合わせる必要はないと思います。

それでは、また。

挑戦する気持ち

どうもこんにちは。

今回のテーマは「挑戦する気持ち」です。

僕は、若いうちに自分のやりたいと思った事や夢に挑戦していくということを意識しています。

これはなぜかというと、どうせ一回の人生なんだったら平凡な暮らしをするのではなく、誰もが羨む暮らしをしたいと感じているからです。

僕の中では、30歳までの失敗なら取り返せると感じています。

僕は高校生のころから夜寝るときにYouTubeで武井壮やイチロー、他にもたくさんの成功者の考え方や理論、生き方を、話している動画を流して聞いていました。

そこで気付いた事が1つありました。

それは、成功している人間は常に挑戦してきて今の立場になっているということです。

イチローさんも子供のころは、周りの人間に「プロにはなれないだろう」や「それはできない」などと言われていたそうです。

でも逆にその言葉への反骨精神で頑張れたといっています。

そうしてやっていくうちに今では誰もが知る日本人の一人となっています。

僕も、1人の友達には良く言っていたのですが、自分は小学生の頃から反骨精神がすごいありました。

なので実はすごい負けず嫌いです(笑)。

この負けず嫌いを良い方向に持っていくためにも、今言ったような挑戦する気持ちをもって過ごしていきたいです。

それではまた。

自粛期間は人と差をつけるチャンス

どうもこんにちは。

今回のテーマは、「自粛期間は人と差をつけるチャンス」ということですが

世間の人間は、「コロナのせいで」や、「自粛はもう我慢できない」と言う人が多いですが、

僕は、その考え方はとてももったいないなと感じます。

僕は、全く逆の意見を言いますね。

「コロナの自粛期間があったから」や、「自分のやるべきことをするいい期間だ」という捉え方をします。

僕は普通のサラリーマンで一生を過ごしたくないと考えています。

もちろん、サラリーマンがだめだというわけではありません。

ただ、一回の人生ならその間に贅沢したり、今欲しいと思っているものを手に入れたいなと思っています。

そのためには準備期間が必要だと。

なので今の期間はしっかりと充電して、ほかの人たちと差をつけていけるようなことを進めています。

今日はこんな感じで

それでは、また。

どうもこんにちは。

みなさんにとっての友はどういう存在ですか。

一言で表現するのは難しいものです。

僕は、いい友達と出会えたと感じています。

特に、中学校の時に出会った友達とはこの先何十年の付き合いになるだろうなと。

その中でも、僕と似た考え方をしている友がいます。

平凡な人生を歩むより、あることに挑戦して生きていくことを求める人です。

日頃からよく一緒に行動をしていたので物事への価値観も似ているなと感じることがよくあります。

その友達には自分の納得のいく形で、成功してほしいですね。

バイトがあるので、こんな感じで終わりにします。

それでは、また。

宿題をやる本当の目的。

どうもこんにちは。

2回目の投稿となりました。

今回のテーマである、「宿題をやる本当の目的。」とありますが

まず、結論から言わせてもらうと、「宿題をやる本当の目的」は、

やりたくのない事をやるための訓練です。

これは、どういう事かというと、人は社会に出たときに自分の好きなことだけを出来るというわけではありません。

もちろんそうですよね。

仕事は、やりたくないと思ったことでもやらなくては給料がもらえません。

宿題も全く同じです。宿題をやらなくては、いい通知表をもらえない。補修がでる。などといったことが起きてしまいます。

かといって、宿題をしたからと言っていい高校、いい大学に進めるわけではありません。

そうなると、宿題は何のためにするのかということになってきますね。

つまり、宿題は頭を良くするためのものではない、やらなければ結果がもらえないものということです。

このように、宿題とは社会に出たときにためになるものだと僕は思います。

まだまだ書きなれないですが、頑張っていきたいと思います。

それでは、また。

はじめまして

どうもこんにちは。

blogを開設してみました

いまのところ本名は伏せておきたいのでエンペラーという名前でやっていきます。

名前の由来は、K-1の皇治選手の2つ名からとりました。

田舎生まれ田舎育ちの男子大学生です。

blogを始めた理由としては、時間がある大学生のうちに挑戦できることに挑戦していこうと決めているからです。

あと、社会人になる頃にブログで収入を得て、お金持ちになりたいからです

ひとつ夢のようなものがあるとしたら私は、ほかの人間に影響を与える人になりたいですね

はじめはこんなかんじで

それでは、また。